創傷治癒

再生戦略を設計する際、組織修復および再生を促進するために、組織の治癒プロセスを調整する上で中心的な役割を果たす免疫系を制御することは、有意義なアプローチ方法である。最近の研究は、皮膚修復における様々な免疫細胞および免疫メディエーターの重要な役割を明らかにしている。したがって、免疫成分は、慢性創傷修復または皮膚再生を促進するために標的化されており、いくつかの成長因子、サイトカイン、および生体材料は、動物モデルにおいて有望な結果を示している。しかしながら、これらの新規戦略は、薬物送達システムおよび安全性の懸念が不十分であることに起因する部分において、臨床試験における有効性基準を満たすためにしばしば苦労している。問題点として、過剰な炎症は、正常な創傷治癒の調節不全における主要な原因であり、炎症をさらに制限することは、瘢痕を効果的に減少させる。しかしながら、現在の知識は、炎症および特異的な免疫細胞を効率的に制御するには不十分である。これは、不十分な薬物送達方法によってさらに複雑になる。今後の方向性として、免疫系が創傷治癒過程を制御する分子経路の理解を向上させることは、新規再生治療の設計を容易にすることができるが、さらに、より良い送達システムは、現在および将来の療法をより効果的にすることができる。現在の再生戦略の臨床試験への参入を促進するためには、その安全性、有効性、および費用対効果に関するさらに多くの証拠が必要である。

TEL: 03-6300-7787

このホームページは、ターズクリニック院長の本多剛大の個人的なホームページです。クリニックのホームページは別にあります。記載されているクリニック情報は、院長が治療を行っているクリニックの情報となります。

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。なお、具体的な手術法は、来院していない段階ではお答えできません。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787