合併症

自己乳房再構築を受けている女性が経験する術前および術後のストレス、ならびに創傷治癒にどのようなストレスが影響するか、すなわち創傷環境におけるサイトカインおよび他の化学メディエーターを調べる試験においては、時間の経過とともに非実験的な記述的設計が利用されている。乳がんの自己腹部再建術を受けていた女性(N = 20)を参加者とし、データは術前および24,48,72、および96時間の術後に収集、合併症は術中および30日間の術後にモニターした。心理的ストレスは、10項目の認知ストレス尺度(PSS)、スケール変更されたイベントの影響(IES-R)、および100mm視覚アナログスケール(VAS)を用いて測定された。サイトカインはBio-Plex Plusを用いた27-plexキットを用いてアッセイした。この女性のサンプルでは、乳癌はストレッサーとみなされるが、PSS、IES-R、およびVASのスコアは、実際、これらの参加者は低レベルの心理的ストレスを経験したことを示した。血清および創傷液中の測定されたすべての生化学的メディエーターが検出され、傾向が同定された。 IL-1ra、IL-6、IL-8、G-CSF、IP-10、MCP-1、MIP-1β、RANTESおよびVEGFが最高濃度で存在した。 IL-1β、IL-2、IL-5、IL-6、IL-8、IL-9、IL-10、IL-17、FGF-塩基性、G- CSF、MIP-1α、PDGF-bb、MIP-1β、RANTES、およびTNF-αが挙げられる。残りのサイトカイン濃度は経時的に安定していた。これらの知見は、これらの女性は高レベルのストレスを経験していないが、有意なサイトカインパターンが検出されたことを示唆している。

TEL: 03-6300-7787

このホームページは、ターズクリニック院長の本多剛大の個人的なホームページです。クリニックのホームページは別にあります。記載されているクリニック情報は、院長が治療を行っているクリニックの情報となります。

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。なお、具体的な手術法は、来院していない段階ではお答えできません。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787