皮膚再生

哺乳動物の皮膚損傷は、修復または再生によって治癒される。我々の以前の研究は、ヌードマウスの表皮における転写因子Foxn1の欠損した発現が、それらの皮膚の顕著な再生特性を説明することを実証した。本研究は、再生ヌード(Foxn1欠損)マウスとその野生型Balb / c対応物との間の単離された真皮線維芽細胞(DF)を特徴づけ、比較する。ヌードDFは、低い播種密度でより高い累積数の集団倍加(累積PD)を示し、Balb / c DFの対応物と比較して脂肪生成分化能力を高めた。ヌードDFは、創傷治癒に関連する機能的特徴である移動およびゲル収縮の減少を示した。形質転換成長因子βファミリー(TGFβ)発現の比較は、ヌードマウスとBalb / cマウスとの間のTgfβ3転写物のレベルが有意に高かったが、Tgfβ1については差異は検出されなかった。ヌードDFは、前駆再生TGFβ3アイソフォームの存在に特異的に感受性であり、コラーゲンI沈着およびアルファ平滑筋アクチン発現の増加を示した。 Balb / c DFの生存率は、Balb / c(Foxn1活性)由来のケラチノサイト馴化培地(KCM)によって刺激されたが、ヌード(Foxn1欠損)KCMによって阻害された。対照的に、ヌードDFは、その代謝活性に関してどちらのKCMにも応答しなかった。総合的に、TGFβ3刺激に対する増強された可塑性およびヌードDFのより高い感受性は、その前駆再生特性を示し、それらと一致する。これらのデータは、表皮Foxn1がDFs再生表現型を決定する上で重要な役割を果たすという仮説を支持する。

03-6300-7787

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787