ニキビ炎症反応の緩和

P.acnes処理後にTLR2およびNF-κB活性が増加し、rhEGF処理はTLR2発現およびNF-κB活性を用量依存的に減少させる。 ゲフィチニブによるEGF受容体の阻害は、P.acnesによって刺激されたNHKにおける炎症誘発性サイトカインおよびTLR2の発現の増加およびNF-κBの活性化に対するrhEGFの阻害効果を減弱させた。これらの結果は、EGFがP.acnes誘発性炎症反応、 少なくとも部分的にはTLR2シグナル伝達の調節を介して行われ、rhEGFの局所適用は、にきびの炎症反応を緩和するのに有益であり得ると言える。

03-6300-7787

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787