組織の修復

不可逆的な組織喪失をもたらす組織損傷は、修復プロセスの始まりとなる。皮膚損失の回復は、新しい細胞集団が新しい結合組織マトリックスに存在する瘢痕化によるものである。瘢痕の化学組成は正常真皮に類似しているが、その細胞の組織自体が変化する。コラーゲンを正常な皮膚のパターンに再構成することができないことは、瘢痕の特徴であるが、ほとんどの場合、正常な機能を回復させる。損傷した瘢痕では、傷の裂開または慢性創傷が生じるが、瘢痕組織の過剰生成はケロイドまたは肥厚性の瘢痕を生じる。どちらの状況においても、壊滅的な結果となる。沈着した瘢痕組織の体積およびその組織は、瘢痕の完全性、安定性および機能の回復を決定するために重要である。瘢痕の成熟は、その常在細胞集団の特徴、寄託された結合組織の質、およびそれらの成分間の相互作用に依存する。修復プロセスにおける細胞と細胞とマトリックスの相互作用に関する知識が増すにつれて、瘢痕コラーゲン繊維のパターンを真皮のパターンに似せることができ、それにより、将来の患者に良好な創傷ケアを提供することができる。

03-6300-7787

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787