創傷治癒

創傷治癒は、失われた細胞塊および細胞外マトリックスと入れ替えるために必要な、大量のタンパク質を産生するという点において特徴付けられる。正しく折り畳まれないタンパク質が蓄積するなどして小胞体にストレスがかかることに起因する小胞体ストレス応答(UPR)は、タンパク質合成の増加にかかる重要な適応細胞応答である。 UPRの主要成分の1つは、転写因子XBP1の活性化形態を生成するエンドヌクレアーゼ活性を有するER膜貫通タンパク質であるIRE1である。 XBP1スプライシングのためのルシフェラーゼレポーターマウスを使用すると、細胞増殖およびマトリックス沈着のためのタンパク質合成の大部分が起こるとき、IRE1が創傷治癒の際の切除創傷治癒中にアップレギュレーションされる。さらに、IRE1の小分子阻害剤を使用して、IRE1の阻害が治療されたマウスにおける瘢痕形成を減少させる。これらの結果は、肥厚性瘢痕マウスのモデルにおいてしめされている。また、これらのデータは、肥厚性瘢痕およびケロイド障害の治療においてターゲットとなる経路となる可能性がある。

TEL: 03-6300-7787

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。なお、具体的な手術法は、症状によって異なる手術法を用いていますので、来院していない段階ではお答えできません。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787