傷跡の分子生物学

ケモカイン(または走化性サイトカイン)は、小さなヘパリン結合

タンパク質で、損傷部位の膜結合型受容体との相互作用により炎症細胞を傷の部分に誘導します。

最初の炎症期(損傷後48時間)は好中球が優位であるが、24時間36時間後に、アポトーシスにより死んでいきます。それと同時に

マクロファージは傷口に入り、それを再生します。創傷治癒においてマクロファージは非常に重要な役割を果たしています。 このプロセスは、好中球によって放出されたケモカインIL-8により、

マクロファージおよび他の細胞を創傷部位に引き寄せる事で行われます。

03-6300-7787

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787