ケラチノサイトの移動

急性の皮膚損傷時に、皮膚のバリアが破壊されると、好中球、単球、マクロファージが傷害部位に動員され、その後、ケラチノサイトが活性化されます。 活性化された表現型は、再上皮化、すなわちK6およびK16の発現によって特徴づけられ、ケラチノサイトが創傷内に移動して欠損部を満たすことを可能にします。

TEL: 03-6300-7787

このホームページは、ターズクリニック院長の本多剛大の個人的なホームページです。クリニックのホームページは別にあります。記載されているクリニック情報は、院長が治療を行っているクリニックの情報となります。

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。なお、具体的な手術法は、来院していない段階ではお答えできません。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787