皮膚バリアとしての表皮

皮膚バリアとしての表皮

表皮は、環境と生物との間に物理的障壁を提供するケラチノサイトのいくつかの層からなる重層上皮であり、それによって、それを外部の薬剤および病原体から保護し、体液の損失を制限する。この外皮は、基底層の増殖状態から顆粒層を通って移動する際の分化状態に切り替わり、最後に角化層の平坦な死細胞となるケラチノサイトによって絶えず維持される。しかしながら、ケラチノサイトは、表皮を維持する上で重要であるばかりでなく、損傷後に修復することにおいても重要である。

表皮の構造

表皮基底層において、ケラチノサイトは増殖性であり、ケラチン(K)中間フィラメント、K5およびK14からなるストラクチャーによって特徴付けられる。細胞は、棘突起層、顆粒層、および角質層として知られる表面横断層に向かって移動する。基底細胞は基底膜に結合する、ヘミデスモソームとフォーカルアドヒージョンを経て上皮細胞が付着し、上皮細胞はデスモソームを介して隣接する細胞に付着し、上皮化プロセス中にケラチノサイトの移動を可能にするためにそれは切断されなければならない。角質層の隙間に形成し、角質化エンベロープタンパク質(ロリクリン、インボルクリン、フィラグリン、および他のペプチド)を架橋することによる高分子量ポリマーの形成を可能にする。

角質細胞は、角質デスモソーム、接着タンパク質コルネオスモシンを含む細胞接合構造。角質細胞の周りのタンパク質構造に固定された脂質層は、角質層の「煉瓦と乳鉢」の類推において、しばしば「モルタル」と呼ばれる。これは水の障壁を形成し、表皮の液体バランスを維持する働きをする。

03-6300-7787

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787