脂肪前駆細胞細胞による薄毛治療

毛髪幹細胞と脂肪前駆細胞を用いた、毛髪再生医療を行っています。

当院では、生殖機能に影響を及ぼす可能性のある男性ホルモンを抑えるホルモン療法は行いません。

薄毛について

 

薄毛と幹細胞の関係

 

今までの医学の常識では、毛包が小さくなって、なくなっていくのは、男性ホルモンの影響であると長らく信じられてきました。しかし、最近の発見で、これは男性特有の問題ではなく、男女共に生じる、加齢と遺伝子損傷による、幹細胞の減少である事が分かってきました。

 

毛は毛包内で、毛髪幹細胞が成長して毛となります。加齢により、DNAの損傷が起こると、エラスターズと言われる破壊物質が生じ、type17型というコラーゲンが壊れ、皮膚の細胞(表皮の細胞)が皮膚から削げ落ち、同時に幹細胞も落ちていきます。

 

それにより、毛を作る毛包がどんどん小さくなり、まずは毛が細くなり、その次に、毛包がなくなり、いわゆる「ハゲ」の状態になります。

 

 

ターズクリニック新宿の治療

 

頭皮より、生存している毛髪幹細胞を採取し、特殊な処理をし、増殖させた後に、頭皮の「ハゲ」の部分に、毛髪幹細胞を移植していきます。

 

同時に、脂肪を吸引し、脂肪組織から脂肪前駆細胞を取り出し、同時に移植します。

 

脂肪前駆細胞とは、毛髪幹細胞など、様々な組織に分化するとともに、毛髪幹細胞の定着を助けます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

03-6300-7787

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787