24日 7月 2017
ケモカイン(または走化性サイトカイン)は、小さなヘパリン結合 タンパク質で、損傷部位の膜結合型受容体との相互作用により炎症細胞を傷の部分に誘導します。 最初の炎症期(損傷後48時間)は好中球が優位であるが、24時間36時間後に、アポトーシスにより死んでいきます。それと同時に...
15日 7月 2017
急性の皮膚損傷時に、皮膚のバリアが破壊されると、好中球、単球、マクロファージが傷害部位に動員され、その後、ケラチノサイトが活性化されます。 活性化された表現型は、再上皮化、すなわちK6およびK16の発現によって特徴づけられ、ケラチノサイトが創傷内に移動して欠損部を満たすことを可能にします。
27日 6月 2017
皮膚の再生能力は、ESCに依存する。 ESCは、特定の微小環境、幹細胞のニッチに属し、その活動と運命を制御している。今日までに同定された3つの異なるESCニッチがある:毛包(HF)の膨らみ、皮脂腺の基底、および表皮基底層である。通常の恒常的な条件下では、個々のESCニッチはそれぞれ独特の挙動を示し、それぞれの組織区画を補充する。...
26日 6月 2017
ケラチノサイト分化の調節...
26日 6月 2017
表皮は、環境と生物との間に物理的障壁を提供するケラチノサイトのいくつかの層からなる重層上皮であり、それによって、それを外部の薬剤および病原体から保護し、体液の損失を制限する。この外皮は、基底層の増殖状態から顆粒層を通って移動する際の分化状態に切り替わり、最後に角化層の平坦な死細胞残骸となるケラチノサイトによって絶えず維持される。しかしながら、ケラチノサイトは、表皮を維持する上で重要であるばかりでなく、損傷後に修復することにおいても重要である。

03-6300-7787

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787