傷跡の分類

傷跡の分類

傷跡の色

傷跡の形

傷跡は大きく分けると色によって分類する方法と形によって分類する方法があります。

 

色による分類

赤色:炎症が続いているか、血管の開きが持続しているかのどちらか、もしくは両方です。真皮にダメージを受けると、酸素、栄養の供給のため血管が開きます。

茶色:過剰なメラニン、ヘモジデリン(赤血球由来)の沈着によります。皮膚にダメージを受けると、白人以外の場合はメラニンの沈着が起きる事があります。ハイドロキノン、レチノイド、チロシナーゼ阻害薬が効果がある事があります。

白色:メラニンの不足か、真皮が十分に繊維化していないか(コラーゲンが溜まっていないか)の理由によります。Calcineurin阻害薬が効果があることがあります。

 

凸、Elevated:過剰なコラーゲンの沈着によります。皮膚の色が黒いほど起きやすいです。

凹、Depressed: 形態によって、Icepick, Boxcar, Rolledに分けられます。Icepickは通常、径2mm以内、平均深さ1mm。

Boxcarは径2−4mm、深さは2mm、境界明瞭な淵を持っています。Rolledは径4mm以上。ニキビ、水疱瘡、手術、外傷など様々なケースで起こりえます。

 

03-6300-7787

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787