乳輪の美白治療

敏感な乳輪部でも可能な最新ターズ式メラノサイト撃退美白治療

マイケルジャクソンが皮膚を白人の肌に変えていった治療を元にして、日本人用に最適化させた治療です。

乳輪をピンク色に

黒ずんだ乳輪を綺麗なピンク色に!

 

4種類もの薬剤を用いたターズ式メラノサイト撃退療法による確実で副作用のない乳輪美白治療を行っています。来院せずに治療も可能です。

 

乳輪は刺激やホルモンの影響で一般に加齢と共に黒ずんできますが、黒ずんだ乳輪というのは、加齢感を印象づけるとともに「遊んでいる」などマイナスの印象を無駄に与えてしまいます。乳輪をピンク色にすると、バストは一気に若返った印象になり、若返ったような自信がわいてくるはずです。

 

当院ではハイドロキノンよりマイルドで副作用の少ない美白剤、トレチノインよりマイルドなレチノイド製剤を用いたバストトップ(乳首、乳輪、ニップル)の美白治療を行っています。

 

いわゆる古典的なハイドロキノン/トレチノイン療法を格段に発展させた治療で、ただれなどの副作用が少ないものになります。また、炎症などの副作用を予防する薬(医師でなければ処方できない薬)も併用します。それにより、治療自体による炎症性の色素沈着を予防する事が可能です。

 

美白治療は、治療のプロトコールが一番大事であり、同じ薬を使っても、塗る頻度、塗らない期間(休薬期間)を間違えると、効果がでないうえに、副作用がでてきます。

 

具体的には、美白剤はメラノサイトでのチロシナーゼといわれる酵素をブロックする事により、メラニンの生成を抑えますが、その効果が「目に見える形で肌が白くなる」という段階に達するにはタイムラグが生じます。当院ではそこを計算して塗る頻度を細かく調節しています。

 

また、レチノイド製剤の使い方にも、コツがあります。レチノイド製剤は普通に使うと、かなりの頻度で刺激感がでてしまいます。人体における、レチノイドに対するdown regulationというメカニズムを用いて、その刺激感を起こさずにレチノイド製剤を使う事が可能です。

 

マイルドな美白剤と、トレチノインよりマイルドなレチノイド製剤を使った、副作用を起こさない上記の医学理論に基づいた当院独自のプロトコールにより、ただれ、炎症等の副作用がでやすいバストトップの治療でも、副作用をおこさずに治療する事ができます。

 

メールでのご連絡のみによる、来院なしでの治療も可能です。その場合、初診料は無料となります。

 

症例写真


 

 

料金

 

2ヶ月~3ヶ月程度分の4種類の薬剤の総額 ¥35000

このエントリーをはてなブックマークに追加

03-6300-7787

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787