健康皮膚常在菌移植による全く新しいアトピー治療

皮膚常在菌移植による画期的アトピー治療を日本で唯一行っています。

有害な黄色ブドウ球菌の根絶を目指す、全く新しいアプローチ

今、最も注目されるアトピーと皮膚常在菌の関係

黄色ブドウ球菌とアトピー性皮膚炎に関して

近年、様々なアトピーに関する研究で、正常な皮膚とアトピーの皮膚では、なんと皮膚細菌叢(皮膚に生息する常在菌たち)に決定的な違いがある事が判明いたしました。アトピーの皮膚では、皮膚を守るグラム陰性球菌という菌が劇的に少なく(人によってはない人もいます)、その代わりに、黄色ブドウ球菌と言われている、毒性を持つ菌が異常に増殖しているのです。

黄色ブドウ球菌のアトピーへの影響

黄色ブドウ球菌は、マスト細胞とT細胞を刺激する事により、皮膚の免疫機能を壊し、また、バリア機能を破壊する事により、アトピーの症状を引き起こします。

正常な皮膚では、正常な常在菌が、有害な黄色ブドウ球菌の繁殖を抑えることにより、正常な皮膚機能を保っているのです。

常在菌の違いによる体の部位とアトピーの関係とは

アトピーの症状は乾燥肌と滲出液と鱗屑(粉ふき)が特徴です。症状が出やすい部位と出ない部位があります。脇の下、臀部、鼠径部の皮膚には症状が出る事は非常に少なく(逆にその部位に症状がある場合は、乾癬、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎などを疑うべきです。)その部位の皮膚に何らかのアトピーに対する耐性がある事が予測されます。

さて、それは何でしょうか?考えてみてください。

 

そうです、それは、皮膚の常在菌の違いによるのです。

 

それらの部位は、脂肪酸が多く、酸性である事が多く、アトピーの原因である黄色ブドウ球菌が生息しにくい環境下にあるのです。

 

すなわち、アトピーを治すためには、黄色ブドウ球菌を根絶していく事が目標になります。

正常な皮膚細菌叢の役割とは

正常な皮膚の常在菌は、何かの薬に頼ったりすることなく、有害な黄色ブドウ球菌を抑え、皮膚の水分を保持し、アトピーの症状を和らげる事になります。

 

なお、正常皮膚細菌の移植が、アトピーの症状改善に有効であるという事はアメリカんFDAが、最近正式に認定しています。

健康皮膚常在菌移植の方法

アトピーになっていない人の正常な皮膚組織から、皮膚常在菌を採取し、有害な菌を殺菌し、有益な菌のみをアトピーの皮膚に移植します。

TEL: 03-6300-7787

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。なお、具体的な手術法は、症状によって異なる手術法を用いていますので、来院していない段階ではお答えできません。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

このホームページは、ターズクリニック院長の本多剛大の個人的なホームページです。記載されているクリニック情報は、院長が治療を行っているクリニックの情報となります。クリニックのホームページは他にあります。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787