ワキガ、多汗症

に対する、最新のマイクロレーザー(RF)治療&吸引法を行っています。

レーザーによる皮膚組織内のアポクリン腺破壊と、吸引法による皮下組織のアポクリン腺を同時に行う事により、治療効果を高めます。

アポクリン腺、エクリン腺

アポクリン腺、エクリン腺のラジオ波凝固によるワキガ、多汗症治療

マイクロレーザー治療とは、ワキガ、多汗症の原因である、アポクリン腺、エクリン腺をラジオ波(RF)により凝固させる事により、アポクリン腺、エクリン腺のサイズ、大きさと数を同時に減少させる事により、ワキガ、多汗症の症状を改善し、治療を行います。

皮膚の中の、アポクリン線、エクリン腺のレベル(真皮と皮下組織の間)に極小の電極を挿入し、その周囲に癌治療(がん細胞の破壊)でも使用されるラジオ波、レーザー(RF)を発生させ、アポクリン線、エクリン腺を破壊していきます。

ビューホット

原理としては、ビューホットといわれるワキガ、多汗症用のレーザーに非常に似ています。

下記は、治療後の皮膚組織の変化を特殊な顕微鏡下で拡大したものです。→の部分は、レーザーにより破壊されたアポクリン腺、皮脂腺です。

(海外で発表された同一の治療法による発表から引用しています。)

治療前後の写真です。発汗量の減少が認められています。

アポクリン腺、エクリン腺の数が多い症状の重い方では、2週間〜1ヶ月おきに複数回行う事でより高い効果が認められます。

ダウンタイムは当日若干赤みが残る程度。圧迫固定は必要なく、すぐに社会復帰可能です。当然傷跡も残りません。

料金 

 

吸引法+アポクリン腺ラジオ波凝固術

 

両脇 278000円(+消費税)/回

 

モニター料金 228000

このエントリーをはてなブックマークに追加

03-6300-7787

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、初診の方で、カウンセリングのみのご予約の方はメールでご予約ください。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

▲TOPに戻る
▲TOPに戻る
院内写真
院内写真
当院ビル
当院ビル
このエントリーをはてなブックマークに追加

  ⬆Web予約

TEL 03-6300-7787